企業情報

ごあいさつ

渡新工業は、お得意様皆様方の御指導をいただき、溶融亜鉛鋼材表面処理加工の小物製品専門業者として、「より早く、より確実」をモットーに、今日にいたっております。
平成8年に日本工業規格表示工場の認定を受け、更に徹底した品質管理体制を確立いたしました。
当社は、お客様全てのニーズにお応えすることを目標に努力しております。
今後とも御鞭撻、御下命下さりますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 渡邉剛

会社概要

会社名渡新工業株式会社
代表者代表取締役社長 渡邉 剛
所在地
本社・集配センター
本社・集配センター
〒132-0033
東京都江戸川区東小松川4-35-7
TEL 03-3656-5231(代)
FAX 03-3656-0771
八千代工場
八千代工場
〒276-0047
千葉県八千代市吉橋字内野1085-24
(吉橋工業団地内)
TEL047-450-3330(代)
FAX 047-450-1687
設立昭和46年2月 創業
資本金4,000万円
役員代表取締役会長 ・渡邉新平
代表取締役社長 ・渡邉剛
取締役   ・渡邉美穂子
監査役   ・野口美幸
従業員数40名
生産能力月産1,000屯
営業品目
  • 鋼材表面処理加工(溶融亜鉛めっき加工)
  • 架線金物全般(電力各社・NTT・JR各社・私鉄各社)
  • 道路公団用部材
  • 建築用部材
  • 鉄塔用部材
  • 架設用部材
  • 船舶用部材
  • アンテナ用部材
  • 各種ボルト・ナット類
取引銀行三菱東京UFJ銀行 小松川支店
江東信用組合 江戸川支店
JIS表示認定証 認証番号:TC 03 07 204
認証日:2007年10月18日
日本工業規格の番号:JIS H 8641
名称:溶融亜鉛めっき(1種、2種)
JIS表示認定証
JIS表示認定証

会社沿革

昭和46年 2月架線金物、ボルト、ナット、建築金物等の溶融亜鉛めっき加工を目的として江戸川(現 本社集配センター)に渡辺工業所(個人経営)を設立する
昭和48年 5月公害防止努力の模範工場として、東京都江戸川区長より表彰を受ける
昭和48年10月資本金500万円をもって渡辺亜鉛鍍金工業株式会社を設立する
昭和50年 4月金属加工優良認証企業として、全国優良金属加工認証委員会より推奨を受ける
昭和51年 8月試験研究室及び完成品専用倉庫を増設する
昭和52年10月工場を増設し、東京ガス株式会社製作の関東地方初の都市ガス炉を設置し、大気汚染防止をはかるとともに、生産能力月産600屯となる
昭和57年 2月渡新工業株式会社に社名変更する
昭和57年 5月千葉県八千代市吉橋工業団地に工場を移転し、LPG使用のガス炉2基を設置する
昭和63年 2月炉前ロボット装置を導入し、安全と省力化をはかる
平成元年 8月改良型炉前ロボット(2号機)を導入する
平成 3年 5月パワーアップロボット(3号機)を設置し、生産性の向上と省力化をはかる。これにより月産能力 1,000屯以上となる
平成 4年 9月廃水浄化処理装置(糸川産業株式会社製)を設置する
平成 6年 5月八千代工場敷地内に事務所、倉庫、試験研究室を増築する
平成 6年 6月資本金を2000万円に増資する
平成 8年 5月日本工業規格の表示認定を取得する
平成 8年10月本社・集配センターを新築する(本社事務所関連施設、集配倉庫、車庫)
平成13年 1月パワーアップロボット(4号機)を設置。更なる生産向上を目指す
平成13年 9月資本金を4000万円に増資する
平成19年10月新JIS規格の認証を取得する
平成22年10月日本工業規格(溶融亜鉛めっき1種、2種)の認証を取得する
平成25年 8月パワーアップロボットを5号機に更新

アクセス


大きな地図で見る

バス JR総武本線津田沼駅北口京成バス乗場(1)
木下駅行(船尾車庫行)吉橋下車徒歩2分
タクシー京成電鉄 京成八千代台駅から15分
その他 東葉高速鉄道 八千代緑が丘駅下車(地下鉄東西線と直結)
徒歩20分 またはタクシーにて5分